2T-3 タイミング制約を緩和するクロッキング方式の提案(論理・物理設計,学生セッション,アーキテクチャ,情報処理学会創立50周年記念)

元データ 2010-03-08

著者

五島 正裕 東京大学情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学大学院工学系研究科
塩谷 亮太 東京大学大学院情報理工学系研究科
五島 正裕 東京大学大学院情報理工学系研究科
喜多 貴信 東京大学大学院情報理工学系研究科
喜多 貴信 東京大学情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学
塩谷 亮太 東京大学情報理工学系研究科:日本学術振興会
坂井 修一 東京大学 情報理工学系研究科
ハイハー グェン 京都大学情報学研究科
坂井 修一 東京大学大学院 情報理工学系研究科

関連論文

▼もっと見る