1. Niagara: 32ウェイマルチスレッドSPARCプロセッサ(実例, 新世代マイクロプロセッサアーキテクチャ(後編))

元データ 2005-11-15 一般社団法人情報処理学会

概要

Niagaraプロセッサはスレッドリッチなアーキテクチャを採用し, 商用サーバ向けアプリケーションのための高性能ソリューションを提供する.このハードウェアでは, チップ内クロスバー, 2次キャッシュ, メモリ制御装置が高度に統合された構成で32個のスレッドを実行することができ, サーバアプリケーションの持つスレッドレベル並列性を活用してスループットを高め, 同時に消費電力を低減する.

著者

五島 正裕 東京大学情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学大学院工学系研究科
五島 正裕 東京大学大学院情報理工学系研究科
Olukotun Kunle Stanford University
KONGETIRA Poonacha Sun Microsystems
AINGARAN Kathirgamar Sun Microsystems
坂井 修一 東京大学大学院 情報理工学系研究科

関連論文

▼もっと見る