パッシブWABの改良による低コストなレジスタ書き込みエラー検出手法(ディペンダブルコンピューティングシステム及び一般)

元データ 2008-04-16 社団法人電子情報通信学会

概要

近年のプロセッサでは,製造ばらつきや動作時の温度ばらつきの激化により,最悪値を想定したマージンを見込んで設計することが非効率になりつつある.このため,偶発するタイミング・エラーを動的に検出・回復するためのマイクロアーキテクチャ技術が研究されている.我々は先に,レジスタ・ファイル書き込み時のタイミング・エラーに注目し,activeWABとpassiveWABを提案した.本論文ではpassiveWABを改良し,検証に伴うオーバヘッドを削減する.読み出されないレジスタ値に着目し,必要のない検証を削除するpop on release及びpop on flush手法を提案し,passiveWABに追加する.シミュレーションによる評価の結果,改良によって,ストール回数およびレジスタ読み出し回数増を大きく削減できることを確認した.

著者

入江 英嗣 東京大学大学院情報理工学系研究科
五島 正裕 東京大学情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学大学院工学系研究科
杉本 健 東京大学大学院情報理工学系研究科
塩谷 亮太 東京大学大学院情報理工学系研究科
五島 正裕 東京大学大学院情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学
入江 英嗣 科学技術振興機構
塩谷 亮太 東京大学情報理工学系研究科:日本学術振興会
渡辺 憲一 東京大学大学院情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学 情報理工学系研究科
渡辺 憲一 東京大学大学院情報理工学系研究科:(現)日立製作所
坂井 修一 東京大学大学院 情報理工学系研究科

関連論文

▼もっと見る