逆Dualflowアーキテクチャ(ARC-1 : アーキテクチャI,2007年並列/分散/協調処理に関する『旭川』サマー・ワークショップ(SWoPP旭川2007))

元データ 2007-08-01 一般社団法人情報処理学会

概要

Out-of-orderスーパースカラ・プロセッサにおいて,レジスタ・リネーミングは命令間の偽の依存を解消するために行われる.しかし,レジスタ・リネーミングに用いるRAMであるRMT(Register Map Table)は,ポート数が非常に多く遅延が大きい.また,アクセス頻度が高く消費電力も大きい.このため,レジスタ・リネーミングは高価な処理である.本研究では,レジスタ・リネーミングを省略する手法として逆dualflowアーキテクチャを提案する.逆dualflowアーキテクチャでは,命令のオペランドをオペランドのプロデューサへの変位に動的に変換してトレース・キャッシュに保存・再利用することにより,レジスタ・リネーミングを省賂する.その代わり,トレース・キャッシュミス率が増加しIPCが低下してしまうが,トレース・キャッシュの構成を工夫することにより現時点で2.6%のIPC低下にとどめている.

著者

入江 英嗣 東京大学大学院情報理工学系研究科
五島 正裕 東京大学情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学大学院工学系研究科
五島 正裕 東京大学大学院情報理工学系研究科
入江 英嗣 科学技術振興機構
一林 広憲 東京大学大学院情報理工学系研究科
坂井 修一 東京大学 情報理工学系研究科
一林 宏憲 東京大学大学院情報理工学系研究科 現在 任天堂株式会社
坂井 修一 東京大学大学院 情報理工学系研究科

関連論文

▼もっと見る