グローバル分岐履歴を用いたスラック予測器(ARC-2 : プロセッサアーキテクチャII)(2004年並列/分散/協調処理に関する『青森』サマー・ワークショップ(SWoPP青森2004) : 研究会・連続同時開催)

元データ 2004-07-30

概要

我々は,命令のスラック(slack)に基づくクリティカリティ予測を提案している.ある命令の実行をsサイクル遅らせてもプログラムの実行時間が増大しないとき,sの最大値をその命令のスラックという.したがって,いわゆるクリティカルな命令のスラックは0サイクルである.前回の実行時のスラックを予測表に登録しておくことによって,それを今回の予測値とすることができる.本稿では,グローバル分岐履歴を用いたスラックを予測器について述べる.Gshare分岐予測器と同様,命令のアドレスとグローバル分岐履歴の排他的論理和によって予測表にアクセスする方法を評価した.グローバル分岐履歴長を0から3まで増やしたところ,予測精度がわずかながら向上することが認められた.

著者

富田 眞治 京都大学物質-細胞統合システム拠点
五島 正裕 京都大学大学院情報学研究科
森 眞一郎 京都大学大学院情報学研究科
中島 康彦 京都大学大学院経済学研究科
五島 正裕 東京大学情報理工学系研究科
五島 正裕 京都大学
富田 眞治 京都大学
富田 眞治 京都大学工学部情報工学科
福田 匡則 京都大学
小西 将人 大阪工業大学
中島 康彦 京都大学/科学技術振興機構さきがけ研究21

関連論文

▼もっと見る