汎用グラフィクスカード上での簡易シミュレーションと可視化(CPSY-6 並列分散プラットホーム)(2004年並列/分散/協調処理に関する「青森」サマーワークショップ(SWoPP青森2004))

元データ 2004-07-25 社団法人電子情報通信学会

概要

汎用グラフィクスカードに登載されるグラフィクスプロセッサユニット(GPU)は,グラフィクス以外の演算に対しても汎用の高速CPUに匹敵する演算性能をもち始めている.また,GPUにおける浮動小数点演算のサポートとプログラム制御可能なレンダリングパイプラインは,GPU上での汎用数値計算に道を開きはじめた.本稿では,GPU上にいかに数値計算をマッピングするかを調査し,それに基づいてLivermore Fortan KernelをGPUに実装した結果と,簡単な数値シミュレーションをGPUで行ない実時間可視化を行なうシステムについ考察を行なう.

著者

五島 正裕 京都大学大学院情報学研究科
森 眞一郎 京都大学大学院情報学研究科
中島 康彦 京都大学大学院経済学研究科
富田 眞治 京都大学大学院情報学研究科
五島 正裕 東京大学情報理工学系研究科
富田 眞治 京都大学工学部情報工学科
篠本 雄基 京都大学大学院情報学研究科
篠本 雄基 京都大学

関連論文

▼もっと見る