周波数領域送信等化におけるサブフレーム単位クリッピングを用いたPAPR低減方法(一般,移動通信ワークショップ)

元データ 2010-02-24 社団法人電子情報通信学会

概要

本研究では,周波数領域送信等化(FDPE: Frequency Domain Pre-Equalization)におけるピーク対平均信号電力(PAPR: Peak-to-Average Power Ratio)低減方法の検討を行う.FDPEは,送信側において等化を行うため,受信機側における信号処理を簡素化可能であるとともに,優れた誤り率特性を実現できるが,チャネル周波数応答に基づくプレフィルタを乗算するためPAPRが増大する問題点がある.そこで,FDPEのPAPR増大する原因をOFDMとの相違を考慮し,FDPEにおける選択マッピング(SLM: Selected Mapping)及びインタリーバによるPAPR低減効果について検討を行う.また,FDPEにおいてクリッピングにより著しく誤り率特性が劣化する問題に対処するために,出力信号を時間領域で分割しサブフレーム単位で振幅レベル低減を行う方法を提案する.計算機シミュレーションにより特性評価を行い,FDPEにおけるSLMとインタリーバのPAPR特性の評価,提案方法とクリッピングを用いた場合のBER特性を比較し,エラーフロアを低減できることを示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
武藤 圭祐 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 巌 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 厳 慶應義塾大学
武藤 圭祐 慶應義塾大学大学院理工学研究科

関連論文

▼もっと見る