アドホックネットワークにおける新経路探索法を用いた多階層ZHLSルーチング方式(移動体衛星通信/適応信号処理/一般)(無線通信システムとアプリケーション)

元データ 2003-01-08 社団法人電子情報通信学会

概要

本研究では,経路制御情報量や経路探索情報量を削減するために,新しい径路探索法を用いた多階層Zone-based Hierarchical Link State (ZHLS)ルーチング方式を提案する.提案方式では,経路制御情報量を削減するために,ZHLSルーチング方式を多階層化する.さらに提案方式では,経路探素を行うときに,送信端末は全てのゾーンに対して宛先端末のゾーンIDをユニキャストで問い合わせるのではなく,上位層の各ゾーンのゲートウェイ端末に対して所属する下位層の各ゾーンヘの問い合わせを依頼することによって,経路探索情報量を削減することができる.数値解析および計算機シミュレーションによって特性を評価し,従来のZHLSルーチング方式と比較して経路制御情報量や経路探索情報量を削減できることから,提案方式の有効性を示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
萬代 雅希 慶應義塾大学理工学研究科
高橋 道人 慶應義塾大学理工学部情報工学科
萬代 雅希 慶應嘸義塾大学理工学部情報工学科

関連論文

▼もっと見る