OFDMAにおいて各トラヒックのQoS要求を満足しスループットを増加するパケットスケジューリング及びサブチャネル割り当て(ブロードバンド無線アクセス技術,信号処理,無線通信一般)

元データ 2009-01-15 社団法人電子情報通信学会

概要

本論文では,直交周波数分割多元接続(OFDMA:Orthogonal Frequency Division Multiple Access)において,各トラヒックのQos(Quality of Service)要求を満たしつつ,トラヒックの総スループット特性を改善するパケットスケジューリングアルゴリズム及びサブチャネル割り当て方式を提案する.提案アルゴリズムでは,RT(Real-Time)トラヒックにおけるQoS指標の決定式に,パケットロス率指標としてRTトラヒックの最大許容パケットロス率に対する瞬時パケットロス率比を導入し、かつnrtPS(non real time Polling Service)におけるQoS指標の決定式に,最低保証データレート指標として瞬時スループットに対する最低保証データレート比を導入する.また,提案するサブチャネル割り当て方式では,割り当て可能ビット数の大きいユーザ数に重みを置き,全サブチャネルの中で割り当て可能な最大ビット数から降べきの順に各サブチャネルにおいて割り当て可能なユーザ数を算出し,最大ビット数を割り当て可能なユーザ数が最小となるサブチャネルから順にユーザにサブチャネルを割り当てる方式を提案する.計算機シミュレーションにより,提案方式がRTトラヒックのパケットロス率を満足しつつ,良好なnrtPSコネクションの最低保証データレートを満たすユーザ比率特性及び良好な総スループット特性を獲得することを示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
清水 佑輔 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 巌 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 厳 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る