同時受け付けポート数を考慮した選択的パケット廃棄法の提案

元データ 2001-03-09 社団法人電子情報通信学会

概要

IP over ATMネットワークにおけるATMスイッチ内での輻輳制御法の一つであるEarly Packet Discard (EPD)方式は,通信帯域やバッファ領域を効果的に利用できるため有効な方法である.しかしながら,複数の先頭セルを短時間に受け付けた場合,それらの後続セルが多数到着し,バッファあふれが発生してしまうという問題がある.そこで,本研究では,バッファ内にしきい値を2つ設け,新規パケットが到着した際に,同時に受け付けるポート数に応じて,異なるしきい値を用いてパケットを受け付けるか否かを決定することにより,バッファあふれを低減できるパケット廃棄法を提案する.無効セル率特性及びスループット特性を計算機シミュレーションにより評価し,提案方式はスループット特性を劣化させることなくバッファあふれの発生を低減し,無効セル率特性を改善できることを示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
荒川 豊 慶應義塾大学理工学部情報工学科
坂本 憲司 慶應義塾大学理工学部情報工学科:(現)株式会社nttドコモ
西野 嘉之 慶應義塾大学理工学部情報工学科
秋山 裕司 慶應義塾大学理工学部情報工学科

関連論文

▼もっと見る