センサネットワークにおける冗長ACK受信削減による低消費電力フラッディングアルゴリズム(ネットワーク)

元データ 2009-05-01

概要

本論文では,センサネットワークで用いられる,高パケット受信成功率を保障するフラッディングアルゴリズムであるRobust Broadcast Propagation (RBP)方式において,より長時間センサノードを利用可能にするために,important linkでのみexplicit ACK (ACKnowledgement)を用い,かつ,受信したACK数(implicit ACK,及びexplicit ACK)がしきい値に到達した場合,以降のACKの受信を行わないことにより,冗長な受信をなくして,高パケット受信成功率を保ちつつ消費電力低減を図るフラッディングアルゴリズムを提案する.計算機シミュレーションを用いてパケット受信成功率,隣接ノード数に対する消費電力,及び遅延を評価し,提案方式の有効性を示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
福原 毅郎 慶應義塾大学理工学部情報工学科
川合 裕司 慶應義塾大学理工学部情報工学科
増田 直樹 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 巌 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 厳 慶應義塾大学
福原 毅郎 慶應義塾大学理工学部
増田 直樹 慶應義塾大学理工学部
笹瀬 巌 慶應義塾大学 理工学部 情報工学科

関連論文

▼もっと見る