可変長パケットを考慮しアクティブバッファを優先した入力バッファ型ATMスイッチのスケジューリング方式

元データ 2001-03-09 社団法人電子情報通信学会

概要

ATM (Asynchronous Transfer Mode)において,HoL (Head of Line)ブロッキングを回避する入力バッファ型スイッチとして,各入力ポートに出力ポート数のバッファを設けるVOQ (Virtual Output Queuing)スイッチが提案されている.一方で,近年のIPトラヒックの増加により,可変長パケットを考慮したVOQスイッチのスケジューリング方式としてIP-PIM (IP-Parallel Iterative Matching)が提案されている.しかし,IP-PIM方式では同パケットを構成するセルを必ず連続してスイッチングするため,他のバッファの待ち行列長が増加してしまい,棄却率特性が劣化してしまうという問題点がある.そこで本研究では,パケットを構成するセルが到着しているバッファをアクティブバッファとし,アクティブバッファを優先したスケジューリング方式を提案する.提案方式ではアクティブバッファを優先することで待ち行列長をあまり増加させることなく,効率よくスイッチングを行うことができる.計算機シミュレーションによりパケット棄却率と平均パケット遅延を評価する.その結果,提案方式が従来方式と比較して,平均パケット遅延をあまり劣化させることなく,パケット棄却率を大幅に改善できることを示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
坂本 憲司 慶應義塾大学理工学部情報工学科:(現)株式会社nttドコモ
岡崎 浩平 慶應義塾大学理工学部
中木 陽介 慶應義塾大学理工学部情報工学科
西野 嘉之 慶應義塾大学理工学部情報工学科
岡崎 浩平 慶應義塾大学理工学部情報工学科

関連論文

▼もっと見る