OFDMA-CDMにおいてSelf Interferenceを抑制する重み付けおよびサブチャネル割り当て(マルチホップ,メッシュネットワーク,ネットワーク符号化,無線通信一般)

元データ 2009-05-14 社団法人電子情報通信学会

概要

本論文では,OFDMA-CDM(Orthogonal Frequency Dision Multiple Access-Code Division Multiplexing)において,フェージング変動による拡散符号の直交性の崩れから生じるSI(Self Interference)を抑制するためマルチユーザダイバーシチ効果を考慮したサブチャネル割り当てを提案する.従来のOFDMA-CDMでは,マルチユーザダイバーシチ効果を考慮したサブチャネル割り当てがなかったため,効果的にSIを抑制できているとは言えない.そこで,提案方式では拡散符号の直交性を維持する従来方式がチャネル利得の最小値で重み付けすることからCIR(Carrier to Interference Ratio)の最小値が最大であるユーザにサブチャネルを割り当てる.提案方式によりCIRの最小値が高くなり,マルチユーザダイバーシチ効果により各ユーザが高いチャネル利得を持つサブチャネルを割り当てられる.従って,高いチャネル利得で重み付けすることにより信頼度の高い復調信号が生成され,SIを抑制することができる.計算機シミュレーションにより,提案サブチャネル割り当てがフェージングの影響を低減し,BER(Bit Error Rate)特性を改善できることを示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
松井 紀憲 慶応義塾大学理工学部情報工学科
武藤 圭祐 慶応義塾大学理工学部情報工学科
飯島 諭 慶応義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 巌 慶応義塾大学理工学部情報工学科
飯島 諭 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 巌 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 厳 慶應義塾大学
武藤 圭祐 慶應義塾大学大学院理工学研究科
笹瀬 巌 慶応義塾大学理工学部情報工学料

関連論文

▼もっと見る