MPLSにおいてバッファ量の削減が可能なVC併合型スイッチ

元データ 2001-03-09 社団法人電子情報通信学会

概要

MPLS(Multi Protocol Label Switching)において,VC併合技術はVCIテーブルのVCの総数を削減でき,拡張性に優れた技術である.しかしながら,これまでのVC併合が可能なスイッチでは,入出力数の増加により再組み立てバッファ数が増大してしまうという問題がある.そこで本研究では,VC併合が可能なスイッチにおいて,コントローラを用い,再組み立てバッファをすべての入力ポートからのパケットで共有することにより,スイッチ内で必要なバッファ量を大幅に削減できるモデルを提案する.パケット棄却率特性及び平均システム遅延特性を計算機シミュレーションにより評価し,提案モデルはパケット棄却率特性及び平均システム遅延特性を劣化させることなく,スイッチ内で必要なバッファ量を大幅に削減でき.メモリの動作速度を低減できるため提案モデルはMPLSにおいて有効であることを示す.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
坂本 憲司 慶應義塾大学理工学部情報工学科:(現)株式会社nttドコモ
西野 嘉之 慶應義塾大学理工学部情報工学科

関連論文

▼もっと見る