DS/SSにおける推定符号追跡ループの提案

元データ 1997-08-13 社団法人電子情報通信学会

概要

近年、GPSやCDMAなどの応用によりスペクトル拡散(SS)通信方式が注目を集めている。SSの受信系においては同期追跡のために通常遅延ロックループ(DLL)が用いられるが、より一層の同期追跡性能の向上が求められている。そこで本研究では、ノンコヒーレントDLLの改良版である修正符号追跡ループ(MCTL)にフィルタリングによる推定制御回路(DPCD)を付加した推定符合迫跡ループ(PCTL)を提案する。ドップラー効果を考慮したPCTLの状態方程式を導出し、計算機により追跡誤差の時間軌跡を描く。これより、平均同期保持時間の観点から、PCTLがMCTLより同期追跡性能が良いことを確認する。

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
庄納 崇 インテル株式会社
森 真作 日本工業大学工学部電気電子工学科
森 真作 日本工業大学
鎌田 実 慶應義塾大学理工学部電気工学科
庄納 崇 慶應義塾大学理工学部電気工学科
鎌田 実 慶應義塾大学理工学部情報工学科:(現)merrill Lynch Japan Inc.
庄野 崇 慶應義塾大学理工学部電気工学科
森 真作 慶應義塾大学 理工学部

関連論文

▼もっと見る