DS/SSにおける推定遅延ロックループの提案

元データ 1997-07-25 社団法人電子情報通信学会

概要

スペクトル拡散通信システム受信系の同期追跡時に用いられるPN符号追跡ループの追跡精度を向上させることが求められている. 本稿ではPN符号追跡ループとして知られるノンコヒーレント遅延ロックループの改良版である修正符号追跡ループにフィルタリングによる位相推定回路を付加した推定遅延ロックループを提案し, ドップラー効果影響下での解析を行った. 解析の結果, 平均同期保持時間の観点において提案した推定遅延ロックループは修正符号追跡ループより優れていることが確認された.

著者

笹瀬 巌 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻
庄納 崇 インテル株式会社
森 真作 日本工業大学工学部電気電子工学科
森 真作 日本工業大学
佐波 孝彦 千葉工業大学情報工学科
佐波 孝彦 千葉工大
庄納 崇 慶應義塾大学理工学部電気工学科
佐波 孝彦 名古屋工業大学電気情報工学科
庄野 崇 慶應義塾大学理工学部電気工学科
森 真作 慶應義塾大学 理工学部

関連論文

▼もっと見る