知的障害児・者施設生活指導員におけるPines Burnout Measureの構成概念に関する検討

元データ 2002-03-31 一般社団法人日本社会福祉学会

概要

本研究は,ヒューマンサービス従事者におけるPines Burnout Measure(BM)の構成概念について検討することを目的に,その因子構造モデルについて評価した。解析には岡山県内の知的障害児・者施設37施設に勤務する生活指導員282名分の資料を用いた。Pinesらの提唱した3因子21項目からなる2次因子モデルと先行研究において示され5つの提示モデルについて構造方程式モデリングを用い評価した。結果,構成概念妥当性および内容的妥当性の観点からいずれのモデルについても積極的に採用する根拠は示されなかった。そこで,BMの構成概念および一次元性について探索的ならびに確証的因子分析を用い検討したところ,本邦ヒューマンサービス従事者におけるバーンアウトは概念的な妥当性ならびに数量的な内的一貫性を有するものとして一次元化できる可能性が示唆された。

著者

中嶋 和夫 岡山県立大学保健福祉学部
佐藤 ゆかり 岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科
香川 幸次郎 岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科
中嶋 和夫 岡山県立大学
中嶋 和夫 岡山県立大学 保健福祉学部保健福祉学科
中嶋 和夫 岡山県立大学・保健福祉学部・保健福祉学科
齋藤 圭介 吉備国際大学
齋藤 圭介 青森県立保健大学健康科学部理学療法学科
原田 和宏 広島大学大学院
原田 和宏 吉備国際大学保健科学部理学療法学科
香川 幸次郎 岡山県立大学保健福祉学部
香川 幸次郎 岡山県立大学
香川 幸次郎 岡山県立大学 大学院保健福祉学研究科保健福祉学専攻
香川 幸次郎 吉備国際大学 保健科学部理学療法学科
齊藤 圭介 青森県立保健大学健康科学理学療法学科
有岡 道博 知的障害者福祉施設ももぞの学園
齋藤 圭介 岡山県立大学保健福祉学研究科保健福祉学専攻
佐藤 ゆかり 岡山県立大学大学院保健福祉学研究科
佐藤 ゆかり 岡山県立大学 保健福祉学部 保健福祉学科

関連論文

▼もっと見る