843 在宅脳卒中患者におけるADL-IADL統合尺度の交差妥当性に関する検討

元データ 2001-04-20 社団法人日本理学療法士協会

著者

中嶋 和夫 岡山県立大学保健福祉学部
香川 幸次郎 岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科
中嶋 和夫 岡山県立大学
中嶋 和夫 岡山県立大学 保健福祉学部保健福祉学科
中嶋 和夫 岡山県立大学・保健福祉学部・保健福祉学科
津田 陽一郎 倉敷平成病院リハビリテーション部
齋藤 圭介 吉備国際大学
齋藤 圭介 青森県立保健大学健康科学部理学療法学科
原田 和宏 広島大学大学院
原田 和宏 吉備国際大学保健科学部理学療法学科
香川 幸次郎 岡山県立大学保健福祉学部
香川 幸次郎 岡山県立大学
香川 幸次郎 岡山県立大学 大学院保健福祉学研究科保健福祉学専攻
香川 幸次郎 吉備国際大学 保健科学部理学療法学科
高尾 芳樹 倉敷平成病院
安田 肇 津軽保健生活協同組合健生病院
安田 肇 健生病院
齊藤 圭介 青森県立保健大学健康科学理学療法学科
安田 肇 津軽保健生活協組健生病院内科

関連論文

▼もっと見る