GC及びGC/MSによる文具、化粧品、家庭用品等に含まれる可塑剤フタル酸及びアジピン酸エステル類の分析

元データ 2004-09-28 日本食品化学学会

概要

Fourteen plasticizers (12 phthalates and 2 adipates) were analysed in commercially available stationeries, cosmetics, and household commodities by GC and GC/MS. Among 66 samples, dibutyl phthalate (DBF), di (2-ethylhexyl) phthalate (DEHP), diheptyl phthalate (DHpP), diisononyl phthalate (DINP), and di (2-ethylhexyl) adipate (DEHA) were detected in 32 samples (eraser : 20 samples, plastic bags for fiber-tipped pen : 4 samples, soft floor carpet : 5 samples, plastic tile : 1 sample, and plastic glove : 2 samples). Among them, 15 samples contained two different kinds of the plasticizers and 4 samples have three different kinds of the plasticizers. Erasers contained the plasticizers with high frequency of 95 % (20/21) and high concentrations ranging from 2.4 % to 35.2 %, and plastic bags showed frequency of 80 % (4/5) and the concentrations around 4.4-18.0 %.

著者

中澤 裕之 星薬科大学薬品分析化学教室
牧野 恒久 東海大学医学部
牧野 恒久 東海大
松本 浩 愛知県衛生研究所
伊藤 裕子 愛知県衛生研究所
岡 尚男 愛知県衛生研究所
牧野 恒久 東海大学 医学部
中澤 裕之 星薬科大学
中澤 裕之 埼玉県衛生研究所
後藤 智美 愛知県衛生研究所
猪飼 誉友 愛知県衛生研究所
近藤 文雄 愛知県衛生研究所
伊藤 裕子 東京都健康安全研究センター
中澤 裕之 星薬科大学 薬品分析化学教室
中澤 裕之 愛知県衛生研究所
岡 尚男 金城学院大学薬学部:金城学院大学大学院人間生活研究科

関連論文

▼もっと見る