血清中ホルムアルデヒド定量のための間接競合酵素免疫吸着測定法の開発(安心と安全に役立つ分析化学)

元データ 2007-12-05 社団法人日本分析化学会

概要

Sick-building syndrome symptoms associated with indoor air volatile organic compounds, including formaldehyde in new or newly remodeled houses, have been increasingly highlighted, and are known as "sick house syndrome" in Japan. We developed a competition enzyme-linked immunosorbent assay for measuring formaldehyde in serum. The specificity of the antiserum generated with formaldehyde-rabbit serum albumin conjugates and the application to the detection of formaldehyde in serum were evaluated. The antiserum selectively reacted with formaldehyde conjugated to rabbit, human, rat and bovine-serum albumins, but not with unconjugated albumins. The quantitative working range of formaldehyde-human serum albumin conjugates was from 0.5 to 500 ng/well.

著者

中澤 裕之 星薬科大学薬品分析化学教室
岡 尚男 愛知県衛生研究所
小田島 安平 昭和大学医学部小児科
小田島 安平 昭和大学 医学部小児科学教室
小林 慎一 愛知県衛生研究所
小林 慎一 愛知県豊川保健所
小田嶋 安平 昭和大学小児科
中澤 裕之 星薬科大学
中澤 裕之 埼玉県衛生研究所
近藤 文雄 愛知県衛生研究所
宮崎 豊 愛知県衛生研究所
斎藤 寛史 愛知県衛生研究所
官崎 豊 愛知県衛生研究所
小田島 安平 昭和大学医学部
中澤 裕之 星薬大薬品分析
中澤 裕之 星薬科大学薬学部
中澤 裕之 星薬科大学 薬品分析化学教室
中澤 裕之 愛知県衛生研究所
岡 尚男 金城学院大学薬学部:金城学院大学大学院人間生活研究科

関連論文

▼もっと見る