高速液体クロマトグラフィー/タンデム型質量分析法によるヒト母乳中のフタル酸モノエステル類の分析(安心と安全に役立つ分析化学)

元データ 2007-12-05 社団法人日本分析化学会

概要

フタル酸モノエステル類(PMEs)には,巣毒性を有するものがあり,当毒性に感受性の高い胎児及び乳幼児への暴露が懸念されている.しかし,母乳中のPMEsに関する報告は少ない.そこで,高速液体クロマトグラフィー/タンデム型質量分析器を用いて母乳中のPMEs{フタル酸モノエチル,フタル酸モノブチル,フタル酸モノベンジル,フタル酸モノ(2-エチルヘキシル),フタル酸モノ(2-エチル-5-ヒドロキシヘキシル)及びフタル酸イソノニル}の分析法を構築した.試料に内部標準を添加後,酢酸エチル/シクロヘキサン混液で抽出し,得られた有機相を乾固した.酢酸アンモニウム緩衝液に再溶解後,脱抱合反応を施し,固相抽出法により精製して試験液とした.PMEs(5.0ng/mL添加)の回収率は,96.3〜103%であった.本分析法を活用し,日本人の母乳について11検体を分析した結果,フタル酸モノ(2-エチル-5-ヒドロキシヘキシル)を除く5種類のPMEsを検出した.

著者

中澤 裕之 星薬科大学薬品分析化学教室
牧野 恒久 東海大学医学部
牧野 恒久 東海大
高取 聡 大阪府立公衆衛生研究所
牧野 恒久 東海大学 医学部
牧野 恒久 星薬科大学 薬品分析化学教室
牧野 恒久 長野県衛生公害研究所
和泉 俊一郎 東海大学医学部専門診療学系産婦人科学
和泉 俊一郎 東海大学 医学部
和泉 俊一郎 東海大学病院産婦人科
和泉 俊一郎 星薬科大学 薬品分析化学教室
中澤 裕之 星薬科大学
中澤 裕之 埼玉県衛生研究所
近藤 文雄 愛知県衛生研究所
阿久津 和彦 大阪府立公衆衛生研究所食品医薬品部
牧野 恒久 東海大学 医学部 母子生育学系 産婦人科学 部門
和泉 俊一郎 東海大学医学部付属病院医学部
中澤 裕之 星薬大薬品分析
中澤 裕之 星薬科大学薬学部
中澤 裕之 星薬科大学 薬品分析化学教室
中澤 裕之 愛知県衛生研究所
高取 聡 大阪府立公衆衛生研究所食品医薬品部
阿久津 和彦 大阪府立公衆衛生研究所

関連論文

▼もっと見る