カレイ中の異臭原因物質2,4-ジブロモフェノールおよび2,6-ジブロモフェノールの分析

概要

カレイ中の異臭原因物質2,4-ジブロモフェノール(2,4-DBP)および2,6-ジブロモフェノール(2,6-DBP)の簡便な分析法を確立するため,溶媒で直接抽出する方法を検討した.試料中の2,4-DBPおよび2,6-DBPをアセトンおよびn-ヘキサンで抽出して,抽出液中の夾雑物をできるだけ硫酸で除去した後,窒素気流下で濃縮してGC/MSで測定する方法を確立した.本法での回収率は,カレイの皮および筋肉で2,4-DBPが89.4〜96.5%,2,6-DBPが81.4〜86.2%といずれも良好な結果が得られたことから,本法は2,4-DBPおよび2,6-DBPの分析に適用できると考えられる.苦情品カレイの分析を行ったところ,2,6-DBPが皮から0.10 μg/g,筋肉から0.01 μg/g検出され2,4-DBPが皮から0.02 μg/g検出された.

著者

中澤 裕之 星薬科大学薬品分析化学教室
日高 利夫 横浜市衛生研究所
中澤 裕之 星薬科大学
田中 康夫 横浜市衛生研究所
高橋 京子 横浜市衛生研究所
細井 志郎 横浜市衛生研究所

関連論文

▼もっと見る