液体クロマトグラフィー/質量分析法による魚介類中のノニルフェノール及びオクチルフェノールの定量(安心と安全に役立つ分析化学)

元データ 2007-12-05

概要

高速液体クロマトグラフィー/質量分析法(LC/MS)を用いた魚介類及び食肉中のノニルフェノール(4-NP)及びオクチルフェノール(4-OP)の簡易かつ迅速な定量法を検討した.前処理は,メタノールで抽出し,マルチモードカートリッジを用いて試験溶液を調製した.LC/MS条件は,4-NP,4-OP共ネガティブモードを用い,測定は脱プロトン化分子(m/z205.1,219.1)を用いた選択イオン検出(selected ion monitoring,SIM)法を採用した.移動相は揮発性の酢酸(0.005%)及び酢酸アンモニウム(1mM)を用いることにより,感度良く検出できた.SIM法による検量線はいずれも0.5〜50ng/mLの範囲で良好な直線性を示した.本法による10ng/g添加時の回収率は72.1〜89.6%,標準偏差は10%以内であった.本法による検出限界は0.5〜2ng/gであった.本法を用いて市販魚介類及び食肉についてNP及びOPの汚染実態調査を実施したところ,シジミ,ツブ貝等から微量の4-NPが検出された.

著者

石井 里枝 アサヒビール
石井 里枝 埼玉県衛生研究所
堀江 正一 埼玉県衛生研究所
小林 晴美 埼玉県衛生研究所
中澤 裕之 星薬科大学薬品分析化学教室
斉藤 貢一 星薬科大学薬品分析化学教室
牧野 恒久 東海大学医学部
牧野 恒久 東海大
堀江 正一 大妻女子大学
堀江 正一 アサヒビール
堀江 正一 星薬科大学 薬品分析化学教室
牧野 恒久 東海大学 医学部
牧野 恒久 星薬科大学 薬品分析化学教室
牧野 恒久 長野県衛生公害研究所
中澤 裕之 星薬科大学
中澤 裕之 埼玉県衛生研究所
斎藤 貢一 フロンティア研究所
牧野 恒久 東海大学 医学部 母子生育学系 産婦人科学 部門
中澤 裕之 星薬大薬品分析
中澤 裕之 星薬科大学薬学部
中澤 裕之 星薬科大学 薬品分析化学教室
中澤 裕之 愛知県衛生研究所
斉藤 貢一 星薬科大学

関連論文

▼もっと見る