日本人の食事経由のトリブチルスズ,ジブチルスズ,トリフェニルスズ及びジフェニルスズ化合物の摂取量

元データ 2000-08-25 社団法人 日本食品衛生学会

概要

本研究では, 4種有機スズ化合物の人体暴露量を推定することを目的にトータルダイエットスタディーによる14食品群中の濃度を測定した. 1998年度の1日摂取量はTBTCが平均1.73 (範囲0〜4.70) μg/人, DBTCが平均0.45 (範囲0〜1.72) μg/人, TPTCが平均0.09 (範囲0〜0.25) μg/人, DPTCが0μg/人であった. TBTC及びTPTCはほとんど10群 (魚介類) 由来であり, 本群の1日摂取量の経年変化を7年間にわたり調べた. 1998年度にTBTCは1991年度の1/2に低下し, TPTCは1/44 (約2%) に低下した. TBTCの1日摂取量は我が国のTBTOの暫定ADIの2%に相当した. TPTCの平均1日摂取量は, JMPRのADIの0.3%相当であった.

著者

堀江 正一 埼玉県衛生研究所
星野 庸二 埼玉県衛生研究所
小嶋 美穂子 滋賀県立衛生環境センター
堀江 正一 大妻女子大学
豊田 正武 国立医薬品食品衛生研究所
堀江 正一 星薬科大学 薬品分析化学教室
長谷川 康行 千葉県衛生研究所
谷村 顕雄 昭和女子大学
酒井 洋 新潟県保健環境科学研究所
佐伯 政信 千葉県衛生研究所
辻 元宏 滋賀県立衛生環境センター
辻 元宏 滋賀県衛生科学センター
辻 元宏 滋賀県衛生環境セ
辻 元宏 滋賀県大津健康福祉センター
小嶋 美穂子 滋賀県衛生科学センター
小林 ゆかり 新潟県保健環境科学研究所
小松 雅美 新潟県保健環境科学研究所
豊村 敬郎 長崎県衛生公害研究所
熊野 眞佐代 長崎県衛生公害研究所
小嶋 美穂子 滋賀県衛生科学センター:関西医科大学公衆衛生学

関連論文

▼もっと見る