牛肉中のジエチルスチルベストロールグルクロン酸抱合体のガスクロマトグラフィーによる定量

元データ 1993-08-31

概要

A gas-liquid chromatographic (GLC) method was developed for the determination of diethylstilbestrol glucuronide (DESG), a metabolite of diethylstilbestrol, in beef. DESG was extracted from beef with 90% acetonitrile. The extract was cleaned up without hydrolysis of DESG by Sep-pak NH_2 cartridge and C_<18> cartridge. The purified extract was evaporated to dryness and reacted with pentafluoropropionic acid anhydride (PFPA) for 50 min at 50℃. PFPA derivatives of DESG were measured by GLC, using a 2% OV-17 column and electron capture detector. Recoveries of DESG obtained from beef spiked at 0.005-0.02 μg/g (as is DES) levels were 86.8-89.2%. The detection limit of DESG was 0.001 μg/g.

著者

星野 庸二 埼玉県衛生研究所
飯島 正雄 埼玉県衛生研究所
能勢 憲英 埼玉県衛生研究所
宮崎 奉之 東京都立衛生研究所
徳丸 雅一 埼玉県衛生研究所
松本 昌雄 埼玉短大
松本 昌雄 東京都立衛生研究所
宮崎 奉之 東京都健康安全研究センター
宮崎 奉之 東京都衛研
宮崎 奉之 東京都立衛生研究所生活科学部

関連論文

▼もっと見る