LC/MS/MSによるハチミツおよびローヤルゼリー中のテトラサイクリン系抗生物質の分析

元データ 2006-12-25 社団法人 日本食品衛生学会

概要

高速液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析法(LC/MS/MS)を用いた,ハチミツおよびローヤルゼリー中のオキシテトラサイクリン(OTC),クロルテトラサイクリン(CTC),テトラサイクリン(TC)の3種のテトラサイクリン系抗生物質(TCs)の簡便で精度の高い分析法を検討した.LC/MS/MS条件はポジティブモード,LC条件はカラムに L-column ODS を,移動相に 0.01% ギ酸-アセトニトリルを用いた.前処理法としてハチミツについては精製水で希釈後,ローヤルゼリーについては 2% メタリン酸-メタノール混液(6 : 4)で除タンパク後,それぞれ Oasis HLB, Sep Pak C18 で精製した.本法による定量下限値はハチミツでTCおよびOTCが 5 ng/g, CTC が10 ng/g, ローヤルゼリーで TC および OTC が 25 ng/g, CTCが50 ng/であった.また,添加回収率はいずれも 75〜120% であった.

著者

石井 里枝 アサヒビール
石井 里枝 埼玉県衛生研究所
堀江 正一 埼玉県衛生研究所
村山 三徳 国立医薬品食品衛生研究所
米谷 民雄 国立医薬品食品衛生研究所
堀江 正一 大妻女子大学
堀江 正一 アサヒビール
堀江 正一 星薬科大学 薬品分析化学教室
米谷 民雄 神奈川県衛生研究所 理化学部
米谷 民雄 国立医薬品食品衛生研究所:(現)静岡県立大学
米谷 民雄 北海道立衛生研究所
米谷 民雄 日本食品分析センター

関連論文

▼もっと見る