LC-MS/MSを用いた畜水産食品中のイミドカルブの分析

概要

高速液体クロマトグラフ-タンデム質量分析計(LC-MS/MS)を用いた10種の畜水産食品中の抗原虫剤イミドカルブの簡便な分析法を検討した.カラムに TSK VMpak-25 を,移動相に酢酸アンモニウム-アセトニトリルを用い,ESI,ポジティブモードで測定した.分析に供する試験溶液は,試料を塩基性条件下,アセトニトリルで抽出し,調製した.はちみつ以外の試料には脂質などの除去のため,ヘキサンとの分配抽出を適用し,はちみつについては試料に添加した水と抽出有機溶媒との分離を改善するため,食塩による塩析操作を加えた.本法による定量下限値は食品中の濃度で0.005μg/gであり,回収率も76〜109% と良好であった.また,併行精度および室内精度においても良好な結果が得られた.

著者

石井 里枝 アサヒビール
高橋 邦彦 埼玉県衛生研究所
石井 里枝 埼玉県衛生研究所
松本 隆二 埼玉県衛生研究所

関連論文

▼もっと見る