LC-MS/MSによる農産物および畜水産物中のジノセブおよびジノテルブの分析法

概要

LC-MS/MSを用いた農産物と畜水産物中のジノセブおよびジノテルブの分析法を開発した.農産物はアセトンで抽出し,得られた抽出液にヘキサンと飽和塩化ナトリウム溶液を加えて振とうした後,その上層をPSAミニカラムによる精製に供した.一方,畜水産物はアセトン–ヘキサン–水–塩化ナトリウムで抽出し,得られた抽出液をPSAミニカラム精製に供した.測定条件として分析カラムにC18を,移動相に 0.005% 酢酸含有メタノール–水混液(19 : 1)のアイソクラティックモードで,イオン化はESIのネガティブモードを用いた.検量線は0.0005~0.04μg/mLの範囲で直線性(r2>0.997)を示した.農産物および畜水産物の計20種に基準値濃度で添加して操作したときのジノセブおよびジノテルブの平均回収率(n=5)は77~111%,相対標準偏差は2~15%,定量限界値は両成分ともに0.001μg/gであった.

著者

高橋 邦彦 埼玉県衛生研究所
石井 里枝 埼玉県衛生研究所
根本 了 国立医薬品食品衛生研究所
松田 りえ子 国立医薬品食品研究所

関連論文

▼もっと見る