食品製造用ポリ塩化ビニル製ホースからのフタル酸ジ(2-エチルヘキシル)の溶出

元データ 2002-08-25 社団法人 日本食品衛生学会

概要

DEHPを12〜41% 含有する3種のPVC製品(ホース2検体及び延伸フィルム1検体)について,食品衛生法の溶出試験法に準じて溶出試験を行った.その結果,水,4% 酢酸,20% エタノールを浸出用液とした場合,DEHPの溶出量はいずれも0.1 ppm未満であった.一方,n-ヘプタンによる溶出試験においては,ホース2検体で容器包装の蒸発残留物濃度限度である150 ppmを超えていた.器具に対してはn-ヘプタンによる溶出限度が定められていないが,これらの製品は,油脂及び脂肪性食品への使用には適さない可能性があると考えられた.

著者

中澤 裕之 星薬科大学薬品分析化学教室
石光 進 国衛研
石光 進 国立医薬品食品衛生研究所安全情報部
藤巻 照久 神奈川県衛生研究所理化学部
平山 クニ 神奈川県衛生研究所
外海 泰秀 国立医薬品食品衛生研究所大阪支所
中澤 裕之 星薬科大学
中澤 裕之 埼玉県衛生研究所
藤巻 照久 神奈川県小田原保健福祉事務所
津村 ゆかり 国立医薬品食品衛生研究所大阪支所
平山 クニ 神奈川県衛生研究所 理化学部
石光 進 国立医薬品食品衛生研究所大阪支所
石光 進 医薬品食品衛研
外海 泰秀 国立医薬品食品衛生研究所大阪支所 食品試験部
外海 泰秀 医薬品食品衛研 大阪支所
中澤 裕之 星薬科大学薬学部
藤巻 照久 神奈川県衛生研究所・食品薬品部
外海 泰秀 医薬品食品衛研
藤巻 照久 神奈川県衛生研究所
津村(長谷川) ゆかり 国立医薬品食品衛生研究所大阪支所
外海 泰秀 国立医薬品食品衛生研究所

関連論文

▼もっと見る