高次数が可能なビルディングブロックを用いた双直交線形位相フィルタバンクのラティス構造(信号処理,LSI,及び一般)

元データ 2007-06-14

概要

This paper proposes a new structure of biorthogonal linear-phase filter banks (BOLPFBs) by using building blocks which can be realized long filters with fewer number of building blocks than conventional ones. The structure is derived from a generalization of the building blocks of first-order LPFBs. The resulting FBs have good performance in stopband attenuation and low implementation costs.

著者

池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
田中 雄一 宇都宮大学工学部情報工学科
Nguyen Truong Ece Dept. University Of California
田中 雄一 慶應義塾大学理工学部電子工学科
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
Nguyen Truong Ece Department Boston University
池原 雅章 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る