コサイン・サイン変調フィルタバンクを用いた方向選択性及びシフト不変性を有するウェーブレット変換の実現と応用(一般,ネットワーク,通信のための信号処理及び一般)

元データ 2010-02-22

概要

近年,豊富な方向選択性とシフト不変性を有するM分割双対木複素ウェーブレット変換(DTCWT)が提案され,画像処理への有効性が報告されている.しかし,M分割DTCWTを設計するためには,M分割DTCWTを構成する2つのフィルタバンクに対して,半サンプル遅延の条件を課す必要があるため,設計が困難であるという問題がある.一方,本論文で提案するコサイン・サイン変調フィルタバンクは,その全てのサブバンドフィルタがプロトタイプフィルタの変調のみによって実現できるため,設計が容易であるという利点を持つ.さらに,プロトタイプフィルタのコサイン変調及びサイン変調の構造によって,豊富な方向選択性とシフト不変性を実現することができる.本論文では,シミュレーションにて,提案法を画像ノイズ除去に適用し有効性を示す.

著者

池原 雅章 慶応義塾大学大学院理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
京地 清介 慶應義塾大学理工学部電子工学科
宇戸 寿幸 愛媛大学工学部情報工学科
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
宇戸 寿幸 愛媛大学工学部
池原 雅章 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る