エッジ情報を用いた補間による超解像処理(デモ展示・ポスター講演,ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般)

元データ 2009-02-23

概要

複数の低解像度画像よりひとつの高解像度画像を推定する方法として超解像処理がある.従来の精度の高い手法は,繰り返し演算を行うため計算コストが膨大なことで知られている.本論文では,入力画像のエッジ情報を用いて重み付きの補間をすることにより,低い計算コストで超解像画像を得る手法を提案する.試験画像を用いて実験を行った結果,提案手法は単純重み付き補間に対してほぼ同程度の計算コストで精度の向上が見られた.

著者

三柴 数 慶應義塾大学理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学
阿部 夕莉香 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
三柴 数 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学
三柴 数 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る