円筒への高速な3Dモデルのマッピング法(信号処理,LSI,及び一般)

元データ 2004-06-11 社団法人電子情報通信学会

概要

近年、データ量の多い3Dモデルを画像として保存する研究が盛んに行われている。ここではその一つである円筒への射彪方法の高速化について検討する。本手法では従来の円筒から出したレイと三角形の交点を求めるレイトレース方式ではなく,3Dの表示に一般に使われているZバッファを用いて三角形側から円筒に落としていく方法について述べる。

著者

奥田 正浩 北九州市立大学国際環境工学部情報メディア工学科
白井 啓一郎 信州大学工学部
池原 雅章 慶応義塾大学大学院理工学研究科
奥田 正浩 北九州市立大学
白井 啓一郎 慶応義塾大学理工学研究科

関連論文

▼もっと見る