Dual-Tree複素ウェーブレット変換を用いた方向適応型リフティングウェーブレット変換の高速化(信号処理,LSI及び一般)

元データ 2009-06-24

概要

本論文では,方向適応型リフティングウェーブレット変換(ADLWT)における変換の方向の決定を,Dual-Tree複素ウェーブレット変換(DTCWT)を利用して高速化することを提案する.ADLWTでは最適なリフティング変換方向を決定する際に各画素毎に変換可能な方向全てにハイパスフィルタを施しエネルギーの最小となるものを変換方向としているが,この処理にかかる演算コストが問題となっている.これに対し本論文では,DTCWTを用いてリフティング変換方向を決定する.提案法によって,変換方向の決定にかかる演算コストを大幅に削減しながら,従来のADLWTを用いて得られた圧縮画像と同等の画質が実現できることをシミュレーションによって示す.

著者

池原 雅章 慶応義塾大学大学院理工学研究科
田中 雄一 宇都宮大学大学院工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
田中 雄一 宇都宮大学工学部情報工学科
京地 清介 慶應義塾大学理工学部電子工学科
Tanaka Yuichi Department Of Electronics And Electrical Engineering Keio University
脇出 大輔 慶應義塾大学理工学部電子工学科
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る