重複双直交変換を用いた可逆・非可逆統一画像符号化

元データ 2001-03-22 一般社団法人電子情報通信学会

概要

可逆・非可逆統一符合化システムは、様々なアプリケーションに有効であり広く研究が行われている。しかし、従来の変換は主に非可逆符号化における低レート符号化時に、プロッキングやリンギングが生じるため効果的であるとは言えない。。本論文では、可逆・非可逆統一符合化に適応した重複双直交変換の提案を行う。提案法は、リフティングのみで構成され、可逆DCTをベースとし、重複変換処理を加えることで構成される。シミュレーションから、提案法は、従来の変換方法に比べ可逆・非可逆統一符合化の変換方法として非常に有効であることを示す。

著者

池原 雅章 慶応義塾大学大学院理工学研究科
川田 昌宏 慶應義塾大学理工学部電子工学科
川田 昌宏 慶応義塾大学理工学部電子工学科

関連論文

▼もっと見る