リフティング係数の低ビット語長割当を考慮した正規化整数WHTに基づく整数DCT(変換・符号化,時空間映像処理,画像符号化及び一般)

元データ 2010-04-19

概要

本報告は,k/2^n(k,n∈N)で表現される有限語長化されたリフティング係数を持つ整数DCTを提案する.いくつかの整数DCTは既に報告されているが,リフティング係数の低ビット語長割当時におけるロッシー・ロスレス統合画像符号化に最適とは言い難い.始めに,(log_2M)ビット語長係数のみで構成でき,且つ構造的にレギュラリティを有するM分割正規化整数WHTを提案する.WHTはDCTにおいて重要な役割を担っており,提案整数WHTに基づく提案整数DCTは低ビット語長(8分割の場合,3ビット語長)割当時でさえ良好な性能を示すことができる.最後に,本提案法を統合画像符号化のシミュレーションを通して,その優位性を示す.

著者

池原 雅章 慶応義塾大学大学院理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
鈴木 大三 慶應義塾大学理工学部電子工学科
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る