2D正則グリッドを用いた3Dモデルの類似性検出(衛星を用いる移動体通信,無線通信一般)

元データ 2004-01-08 社団法人電子情報通信学会

概要

近年,様々な分野で3Dモデルが普及・利用されるようになり,WWWやデータベース内に存在する3Dモデルを再利用する必要性が増してきている.その為,ユーザが欲するような形状の3Dモデルを多くの3Dモデルの中から検出するというような,類似モデル検出方法の研究の必要性が高まっている.本研究では,異なる二つのモデルの類似性を定量的に評価し,類似モデルを検出する一手法を提案する.3Dモデルを正規化した後に,円柱の中に入れ,円柱から出した正則グリッドからモデルまでの距離を2D画像情報とし,高速に,かつ3Dモデルを2D画像として比較することで類似モデルの検出を行なう.これによって,3Dモデルの形状のままで検索を行なうよりも簡単で早くしかも十分な精度で3Dモデルの類似性を検出することが出来る.

著者

奥田 正浩 北九州市立大学国際環境工学部情報メディア工学科
高橋 進一 北九州市立大学国際環境工学部
奥田 正浩 北九州市立大学
長友 京子 慶應義塾大学理工学研究科総合デザイン工学科
池原 雅幸 慶應義塾大学理工学研究科総合デザイン工学科

関連論文

▼もっと見る