テクスチャを考慮した三次元モデルのパラメータ化(信号処理, スペクトル拡散, 及び一般)

元データ 2005-07-08 社団法人電子情報通信学会

概要

三次元メッシュモデルの幾何情報は, 一般的に非正則な接続情報を持つ三角形メッシュでモデリングされる.非正則なメッシュを信号処理に適した正則なメッシュへ再構築するための手法としてパラメータ化が利用されてきた.しかし, メッシュの座標と接続情報のみでパラメータ化・再構築されたメッシュは十分な精度が得られないことがある.そこで本論文では, 三次元表面の法線情報やテクスチャ情報などの付加情報を利用することでよりよい正則メッシュを再構築する方法についての提案を行う.

著者

白井 啓一郎 信州大学工学部
池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
白井 啓一郎 慶應義塾大学
伊藤 尚徳 慶応義塾大学理工学研究科
伊藤 尚徳 慶應義塾大学理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る