1次元フィルタを用いたCosine変調2次元フィルタバンク

元データ 1994-03-14 社団法人電子情報通信学会

概要

本文では、1次元FIRフィルタを用いた任意のサンプリング格子を持つCosine変調2次元フィルタバンクの構成法を提案する。2次元分割信号が実数となるために、与えられたサンプリング行列により決定される基本周波数領域の半分の通過域を持つ2次元フィルタを基本フィルタとし、2次元基本フィルタを1次元フィルタを基にフィルタ係数の簡単なデシメーション変換によって設計できることを示す。更に、これをCosine変調することで分割帯域を形成し、2次元フィルタバンクを構成する。この時の完全再構成条件を導出し、またaliasing free条件を1次元フィルタにおける条件に置き換えることにより、近似的に完全再構成であるCosine変調2次元フィルタバンクの設計問題について考察する。

著者

池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
米山 暁夫 株式会社kddi研究所マルチメディア通信グループ
米山 暁夫 慶應義塾大学理工学部電気工学科
中田 透 慶應義塾大学理工学部電気工学科
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科

関連論文

▼もっと見る