誤り訂正符号を用いた電子透かし

元データ 2001-03-22 社団法人電子情報通信学会

概要

近年のディジタル機器の著しい発達やインターネットの急速な普及、拡大に伴いマルチメディアの需要が増大している。しかしその一方で、ディジタルコンテンツの著作権侵害が問題となっており、その対策の一つとして「電子透かし」技術が提案されている。そこで本稿では、濃淡画像への電子透かしとして誤り訂正符号(畳込み符号)を利用した電子透かし手法を提案する。本手法は、誤り訂正符号を用いたことにより今まで画素置換による透かしの埋め込みにおいて非常に弱いとされていたビットプレーン削除やノイズ付加等の攻撃に対して、耐性を持つことを確認した。また本手法は、符号理論を基にしているため提案法と従来法を組み合わせてさらに効果的な電子透かしを作ることが可能であると考えられる。

著者

池原 雅章 慶應義塾大学理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学
平田 弘毅 慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻
平田 弘毅 慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学
池原 雅章 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科
池原 雅章 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る