サイバー物理システムにおけるジョブスキップによる制御性能劣化を抑えるタスクスケジューリング(グラフ,ペトリネット,ニューラルネット及び一般)

元データ 2010-11-11

概要

サイバー物理システムにおいて,全体のパフォーマンスを最大化させるためには物理系の動作性能とリソース制約の両方を考慮したスケジューリング手法を開発する必要がある.本報告では,EDFスケジューリングモデルにジョブスキッピング機構を導入し,リリースされたジョブを実行ジョブとスキップ(破棄)ジョブに分類する.そして,リソース制約を満たしつつ制御性能の劣化を最小限に抑えるようなスキップパターンを求める手法を提案する.

著者

潮 俊光 大阪大学大学院基礎工学研究科
潮 俊光 神戸女学院大学
潮 俊光 大阪大学 大学院基礎工学研究科
吉本 達也 大阪大学大学院基礎工学研究科

関連論文

▼もっと見る