CAS2010-10 サイバーフィジカルシステムにおける制御性能の最適化のためのジョブスキッピング(システムと信号処理及び一般)

元データ 2010-06-14

概要

サイバーフィジカルシステムとは物理システムと情報システムが密接に統合しているシステムである.システム全体のパフォーマンスを向上させるためには,互いの影響を考慮した両システムの協調的設計が重要となる.本報告では,N個のサンプル値制御系を対象に,すべてのコントローラを一つのCPUで処理する問題を考える.制御タスクから周期的にリリースされるすべてのジョブはデッドラインまでに実行完了することが要求される.しかし,過負荷状態においてはそれが不可能である.そこで,EDFスケジューリングモデルにジョブスキッピング機構を導入することで,スケジュール可能性を達成する.その上で,制御性能の劣化が最小限となるジョブスキッピングパターンを求める.

著者

潮 俊光 大阪大学大学院基礎工学研究科
潮 俊光 神戸女学院大学
潮 俊光 大阪大学 大学院基礎工学研究科
吉本 達也 大阪大学大学院基礎工学研究科

関連論文

▼もっと見る