調停器を導入したmulti-tierコンピューティングシステムにおける動的なQoS公平化制御

元データ 2009-05-08 社団法人電子情報通信学会

概要

multi-tierコンピューティングシステムでは,各クライアントに提供されるサービスの品質(QoS:Quality of Service)に偏りが生じないよう,各tierでのリソース制約を考慮しながらクライアントのタスクに適切にリソースを配分することが重要である.本報告では,クライアントのリソース要求を動的に調整する調停器を導入し,各tierのリソース制約の下でクライアントのQoSレベルを公平化するリソース配分制御法を提案する.

著者

潮 俊光 大阪大学大学院基礎工学研究科
林 直樹 大阪大学大学院
潮 俊光 神戸女学院大学
金澤 尚史 大阪大学大学院基礎工学研究科
林 直樹 大阪大学 大学院基礎工学研究科

関連論文

▼もっと見る