調停機構を持つ多面的エージェントによる2人ゲームのレプリケータダイナミクス

元データ 2009-11-04

概要

政府や企業,個人などが意思決定を行うとき,その評価基準は必ずしも1つとは限らず,複数の評価基準を総括し意思決定を行うことがある.本報告では,複数の利得基準を持つプレイヤー同士の多面的ゲームにおいて,個々の利得基準を表す内部ゲームでの戦略が調停器により調整されることでプレイヤーの外部戦略が決定されるようなゲームを提案する.特に,囚人のジレンマにおいて2つの利得基準を設け,プレイヤーの多面性の戦略への影響について考察する.

著者

潮 俊光 大阪大学大学院基礎工学研究科
潮 俊光 神戸女学院大学
武田 龍三郎 大阪大学大学院基礎工学研究科
金澤 尚史 大阪大学大学院基礎工学研究科
潮 俊光 大阪大学 大学院基礎工学研究科

関連論文

▼もっと見る