フローモデルを用いた交換システムに生じる振動の抑制

元データ 2001-08-31 社団法人電子情報通信学会

概要

本報告は離散時間フローモデルでモデル化された交換システムを対象とする.この交換システムにはトラフィックなどが振動的になりやすいという性質があり, 筆者らはある非周期振動がカオスであることの証明や, Border-Collision分岐についての検討を行ってきた.しかし, 交換システムにおける振動の発生は, 交換機内蓄積時間の増大やバッファオーバーフロー発生の危険性などがあるために好ましくない.そこで, 本報告では振動抑制則を提案し, シミュレーションにより, その有効性について検討した.

著者

潮 俊光 大阪大学大学院基礎工学研究科
田中 寛人 大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻
田中 寛人 大阪大学大学院基礎工学研究科

関連論文

▼もっと見る