定率税と補助金を課した複数集団レプリケーターダイナミクス

元データ 2009-12-14

概要

社会には多くの集団が存在している.集団の構成員が利己的にふるまうことで社会的ジレンマと呼ばれる問題が生じる.それを解決するために,後藤らは,政府が一定率の税を徴収し,補助金を交付することで目標状態を安定化しようとするモデルを提案している.このモデルは1つの集団内のみでゲームが行われる状況を考えている.そこで,後藤らのモデルを複数集団ゲームに拡張し,目標状態の漸近安定化条件を求める.

著者

潮 俊光 大阪大学大学院基礎工学研究科
潮 俊光 神戸女学院大学
金澤 尚史 大阪大学大学院基礎工学研究科
潮 俊光 大阪大学 大学院基礎工学研究科
市場 忠祐 大阪大学大学院基礎工学研究科

関連論文

▼もっと見る