言語測度を用いた離散事象システムの制御について(コンカレントシステム,離散事象システム,ハイブリッドシステム,及び一般)

元データ 2007-06-22

概要

近年,Rayらによって形式言語に対して,言語測度と呼ばれる測度の概念が導入され,これを用いた離散事象システムにおけるスーパバイザ制御が提案されている.一般のスーパバイザ制御では論理的に与えられる仕様を満たすことを目的とする.一方,言語測度の導入により,システムの生成言語に対して定量的な評価値を求めてスーパバイザの性能を評価できる.また,言語測度に関して最適なスーパバイザの設計法も提案されている.本報告では,Rayらによる言語測度に関するこれまでの研究について紹介する.また,山崎らによる,言語測度に基づく最適スーパバイザの強化学習について紹介する.

著者

潮 俊光 大阪大学大学院基礎工学研究科
山崎 達志 摂南大学工学部
山崎 達志 摂南大学理工学部

関連論文

▼もっと見る