拡張仮想空間における実映像コンテンツとのインタラクションのための3次元モデリングに関する一検討

元データ 1999-06-07 社団法人電子情報通信学会

概要

This paper describes a simplified real-time 3D modeling technique for objects extracted from video images by an efficient algorithm in order to produce multimedia contents, An object contained in video images which is extracted at a reasonable speed is reconstructed in a proposed augmented virtuality system with sufficient accuracy. Moreover, real object interactions that meet such criteria must be established using techniques for manipulating objects in virtual worlds. The proposed technique has potential to generate novel multimedia contents without using complicated shape modeling. An interactive digital fishtank is described as one example application of the proposed technique. In this application, the user is able to obtain augmented Virtuality world of fishtanks from the original video sequence.

著者

北村 喜文 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科マルチメディア工学専攻
正城 敏博 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻
山口 徹也 日本電信電話株式会社NTTサイバーソリューション研究所
山口 徹也 日本電信電話株式会社nttサイバーソリューション研究所:大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科
正城 敏博 大阪大学大学院 工学研究科
山口 徹也 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
北村 喜文 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
山口 徹也 日本電信電話株式会社
岸野 文郎 大阪大学大学院 工学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院 工学研究科

関連論文

▼もっと見る