複数視点の直感的制御のための座標系対連動法の一般化(マルチメディア処理)

元データ 2006-11-01 社団法人電子情報通信学会

概要

本論文では,一般的な三次元コンピュータグラフィックスでのカメラ視点や実環境での実カメラなど,広く様々なカメラ視点制御システムにおける複数視点をインタラクティブかつ直感的に制御させる手法として,座標系対連動法を一般化する.一般化した座標系対連動法では,観察者に主たる画像として与えるカメラの視点の効率的な制御を実現する.本論文では,複数視点を制御する際の詳細なアルゴリズムを数式で示す.また,一般化した座標系対連動法を利用し,幾何的特徴をもつ様々な副視点画像を提示する方法を述べる.更には,座標系対運動法における操作において,利用者自らの身体運動に関連づけることが効果的であることを述べ,我々がこれまで作成したシステムを別に挙げ,座標系対運動法の効果的な応用法を述べる.

著者

北村 喜文 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科マルチメディア工学専攻
深津 真二 大阪大学大学院工学研究科:(現)(株)ぷららネットワークス
深津 真二 Nttサイバーソリューション研究所
深津 真二 大阪大学大学院 工学研究科 電子情報エネルギー工学専攻 ヒューマンインタフェース工学講座
深津 真二 大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
大西 克彦 大阪大学
大西 克彦 大阪大学大学院 工学研究科 電子情報エネルギー工学専攻 ヒューマンインタフェース工学講座
三田 純平 大阪大学大学院情報科学研究科
三田 純平 大阪大学大学院情報科学研究科:(現)(株)アルファシステムズ
大西 克彦 大阪電気通信大学総合情報学部
岸野 文郎 大阪大学大学院 工学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院 工学研究科

関連論文

▼もっと見る