DLPプロジェクタによる多人数共有型立体表示装置の試作と検討(人工現実感)

元データ 2006-05-30 社団法人電子情報通信学会

概要

We have proposed the Illusion Hole system, which allows three or more people to simultaneously observe stereoscopic images from dynamically changing individual viewpoints. With a simple configuration, this system provides intelligible 3D stereoscopic images free of flicker and distortion. Based on the Illusion Hole concept, we have built a prototype system using a DLP projector and image sequencial shutter glasses. This paper describes the details of this prototype.

著者

北村 喜文 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科マルチメディア工学専攻
中山 智量 大阪大学大学院情報科学研究科
中島 孝司 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
中山 智量 大阪大学大学院情報科学研究科:(現)ヤマハ株式会社
中島 孝司 大阪大学大学院情報科学研究科:(現)シャープ株式会社
岸野 文郎 大阪大学大学院 工学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院 工学研究科

関連論文

▼もっと見る